*

入社の際にはどのように自己紹介をするか

内容を詰める必要はない

 入社式の際には新しく入ってくる社員として自己紹介をする時間が設けられることが多いでしょう。

 その際には企業の社員達の前で自己紹介をするために面接の時より緊張してしまうという20代の方も多いでしょう。

 しかし今回は面接ではありません。なのでどのような自己紹介をするかは自分に委ねられることになります。

 基本的にはそこまで内容を詰める必要はありません。というのもそうして内容を詰めて話してしまうと長くなる上に何より多くの先輩方の前で話すという緊張により変な失言をしてしまう可能性が高くなるからです。

 20代であればここでアピールをする必要はありません。短くてもよいので、簡潔に自分のことを伝えられるような内容にしていいでしょう。
 

変わったことを言うべきか

 自己紹介としてもやはりただ淡々と自分の情報を伝えるだけでは味気ないと考える人もいるでしょう。

 そのためにどこかでユーモアを入れた内容を話すことを入れたい一方で入れれば変な目で見られないかと不安になる人もいるでしょう。

 確かにそれで相手に受ければこの先も社員の方達との関係も悪くないものにすることができる一方で失敗すればこれから変な目で見られることは必須ということになってしまいます。

 これに関しては本人の自由というしかないでしょう。
 
 
<関連記事>

  • 入社した際の挨拶はどうするか
  • 20代で途中入社した際には
  • コツを覚えて、いち早く職場に溶け込んでしまいましょう

  • 関連記事

    PAGE TOP ↑