*

20代だからこそ身なりに気をつけよう

スーツの状態は?

 転職での面接は当然のことながらスーツで行くことになります。

 その際には日頃仕事で着ているものを着ていくということになる人が多いと思いますが、そうなれば気をつけたいのがスーツの状態です。それなりの期間着ていれば必ず汚くなっていたり、綻びが出てきていることでしょう。

 日頃から手入れをしているのであれば問題はないですが、そうでない場合には目立つ汚れがある場合があるために、全体を確認して手入れをしましょう。

 もちろんスーツだけでなく男性であればネクタイも確認しておきましょう。意外と確認しているようで確認していないものであり、尚且つ目立つものであるからです。

 ちなみにネクタイの柄によっても相手に与える印象は変わるため、その辺りを調べて付けていくのもいいでしょう。
 

身なりは大丈夫か

 服装はもちろん、自分の身なりも確認しておかなくてはいけません。特に20代となればオシャレをしている方も多く、職種によっては髪を染めたりもしているでしょう。

 それが問題ない企業もあるかもしれませんが、基本的にはやはり髪の色はしっかりと戻しておき、他の部分も支障ないよう戻しておきましょう。

 後は男性はひげにも注意しましょう。20代となればまだ穏やかとはいえ地味に生えてくる世代であるのですから。
 
 
<関連記事>

  • 20代でする面接での自己紹介は
  • 志望動機を話すのなら

  • 前の記事 :
    次の記事 :

    2014/11/26 | 面接対策

    関連記事

    PAGE TOP ↑