*

「職務経歴書」で差をつけよう!

採用担当者は20代の職務経歴書のここを見ている!

 20代の転職希望者の場合、応募先の採用担当は実務経験やこれまでの実績や即戦力といった点よりも、「熱意」「意欲」「覇気」「可能性」を評価します。“この会社に入ったらこの人はどのくらい化けるだろうか・・・?!”と期待をさせた人から採用されていくのです。

 社会人として数年分の経験がある人なら、「人の話に耳を傾ける素直さがあるかどうか?」「元気の良さ」「コミュニケーションに積極的か」といった点を見られます。職務経歴書には自分を偽ってはいけませんが、これまで「何を頑張ってやってきて、どんな成果を出したことがあるか」を分かりやすく伝えましょう。

差をつける職務経歴書を作成するコツ

 20代の転職希望者の場合、“キャリア”が浅いというか真っ白な職務経歴書を前にして“何を書けばいいだろう・・・?!”と面喰らう男女も多いでしょう。インターネットには業種別に多くの職務経歴書のひな形テンプレートが並んでいますが、あれは中途採用枠を狙う30代以降向けで、社会人としての実務期間が2~3年程度の20代には不向きかもしれません。

 しかし20代を採用したいと考えている会社は非常に多いので、職務経歴書に書くだけの実務経験が不足していることは採用において不利にはなりません。むしろここでは

若さややる気を買ってもらえるような書面を作りましょう

 正社員の経験のある20代なら新人研修やマナー研修も何度も受講しているはずですので、そういうビジネスマナーの基礎が入っている人材であることを書く手もあります。

真面目さや責任感の強さもアピールできると有利

 アルバイトやパート、派遣ジョブ、非正規の経験も職務経歴書に書くことができますので、自分が今度受ける会社に関連している仕事内容であれば特に、しっかり書いてアピールしましょう。

 アルバイトやパートの経験を職務経歴書に書く場合は、短期間でも真面目に取り組んだことや責任感の強い人柄であること、仕事に関するスキルを伸ばした経験などをしっかり記載しましょう。その仕事を「なぜ辞めたのか?」という点に関しては、まだ20代ですから「もっと自分の可能性を追求できる職場があると考えました」といった意欲の感じられる理由がよいでしょう。

2014/08/19 | 書類対策

関連記事

PAGE TOP ↑