*

新卒採用と中途採用の違いについて理解しよう

基本的なマナーはあって当然

 20代の転職活動においては、新卒の就活と同じ思考で行動をしていると転職を成功させることは難しいでしょう。それは、企業が新卒と20代の中途採用には採用において求職者に対して求めるものが異なるからです。そこで、転職を成功させるためには、活動をする前に企業が求めるものを想定して活動することが必要となります。まず、基本的な企業の採用基準としては、新卒採用では、1年に1度の一括定期採用となり、出身大学や学部、エントリーシートの内容や、セミナー参加時の態度や素養などが採用基準となります。

 一方、20代の中途採用時期は、不定期で募集がかかるだけではなく、社会人としての基本的なマナーが求められるだけではなく、業界や職種で何らかの知識や経験があることが選考基準となります。また、企業風土になじみやすい人柄や、業務に対する積極性や意欲なども求められます。

教育コストは掛けたくないのが企業の本音

 また、企業が20代を中途採用する理由としては、中小企業などは新卒採用で人員が獲得できなかった場合があります。また、大企業などは、退職に伴う一時的な欠員補充などがあります。このような理由により、企業としては、社会人経験のない新卒を採用するよりも、基本的な社会人マナーがあり、業界や職種の知識や経験がある20代を採用することで、教育コストを削減しようとします。

 さらに、すぐに企業風土になじみやすい人柄であることや、業務に対する積極性や意欲があるというような将来的な伸びしろが期待できる若い人材を確保する傾向にあります。そのため、20代で転職する場合の心構えとしては、転職先で丁寧に教えてもらうことを期待したり、

待ちの姿勢や、勉強させてもらおうとか、育ててもらおうというような意識であれば、企業としては歓迎しない

ということです。

 それよりも、自分で考え行動してわからないことは、質問するような積極性が求められます。以上を踏まえて、20代の転職活動では、選考に必要な履歴書や職務経歴書の書き方、転職理由や退職理由を含む面接でのアピール方法などを準備します。

 そして、転職前には自己分析をしておくと自分自信の転職軸が明確になるため、現職でできないこと、転職先でできることなどさまざまな理由が矛盾なくでてきますから、それらをしっかりとアピールすることが重要となります。

関連記事

PAGE TOP ↑