*

20代の転職者が求められることとは?

ビジネスマナーは既に備わっている

 企業が20代の転職者を採用する背景には、新卒のようにビジネスマナーや業務を一から教えて育てる必要がありません。それは、社会人としての基本的なビジネスマナーが身についているので、あとは少し業務や企業風土に対して教育さえすれば、すぐに即戦力として育成できると考えているからです。

 近年では、第二新卒採用に積極的になる企業が増加していますが、これは新卒採用時に人員確保ができなかった優秀な人 材を採用しようとする狙いがあります。そこで、企業が20代の転職者に求めることは、新しいことに

意欲的に業務に取り組もうとする姿勢や積極性

が何よりも求められます。

 そこで、未経験職種や業界に転職を考えている場合には、自主的に必要なスキルを学ぼうとする姿勢で、一日 も早く経験者にキャッチアップしていこうという強い意欲を見せる必要があります。また、企業は業務に対する積極的な姿勢や、職場の人間関係を円滑に進めていけるコミュニケーショ ン能力なども評価しています。ただし、20代後半ともなると、それだけではなく業界での経験や知識があり、職種では即戦力として活躍してくれることを期待しています。

素養や企業カルチャーにマッチするか

 20代の転職活動においては、職務経験が短いために転職活動がうまくいかないと考えている人もいますが、企業は数年間の職務経験と基本的なビジネスマナーが備わっていれば、あとは業務に対する素養や企業カルチャーにマッチするかどうかということを選考します。

 そのため企業に対しては、これまでの社会人経験から得たことを 転職先でどのように活かせるのかということをしっかりと語る必要があります。また、短期間の就業経験で転職活動をする場合には、今後のキャリアビジョンの具体性などがしっかりとしているかどうかを確認します。

 そのため、面接などではなんとなく就職したとか、現職がイヤになったため転職するというような後ろ向きな姿勢を見せると、企業は採用コストをかけてまで採用することはありません。そこで、前職では何ができなくて、転職先では何をやりたいのかということを転職理由や志望動に交えて一貫性を持って具体的に語ることが必要となります。また、質問に対する回答は、結論から回答してから、その理由を回答するようにします。

関連記事

PAGE TOP ↑