*

求人探しで大切なこと

求人案件の探し方のポイントとは?

 20代の転職活動では、未経験業界や職種でも転職することが可能な年代のため、莫大な求人情報から求人を探すことになります。もちろん、多くの求人情報の中から、自分に合った仕事を見つけることはできますが、選択肢が多すぎて収集がつかなくなり、時間と労力がかかるため非効率な転職活動となります。

 そこで、自分に合った質の高い求人を探すポイントとしては、まずは自己分析をして、

自分の適性や性格的な志向性などを理解した上で転職軸を明確にして転職活動を行う方が効率的

といえます。また、転職軸が決まれば、ウェブ上の転職サイトを利用して業界や職種に的を絞って求人検索を行います。

 ここでは、的を絞った自己検索するだけではなく、必ず企業やエージェントからオファーが届くスカウト機能も利用するようにしておくと、待ちの姿勢でも求人検索ができます。さらに、具体的なアドバイスが欲しい場合には、転職エージェントを利用することで、自分では想像もしないような求人を紹介してもらえるだけではなく、転職相談にのってもらうことも可能となります。
 

求人案件の落とし穴とは?

 20代の求人検索では、応募可能な未経験可能求人が豊富なため、転職の目的や選択基準というような自分だけの転職軸が明確でないと、どうしても、条件や待遇が良さそうな企業を選びがちになります。このように自分の志向性や性格をよく知らずに、漠然とやってみたいからとか興味があるというようなレベルで求人検索してしまうと、後悔することになります。

 それは、応募書類を作成時や面接対策では、それぞれの業界や職種に適したものが必要ですし、企業研究もそれぞれ個別に行う必要があるからです。そのため、多大な時間や労力が必要となります。また、20代ではどうしても社会人経験も浅く転職職未経験なこともあり、現職では不可能なことや不満なことにばかり目がいきがちになります。そのため他人からすれば、恵まれていると思われるような条件下で勤務しているにも関わらず、それに気がつかずに企業検索することもあります。

 そして転職活動や入社して初めてチェックしていなかったことに気づくようなこともあります。そこで、求人検索ではしっかりとチェック項目を作成してから検索する必要があります。

関連記事

PAGE TOP ↑