*

自分の夢のために転職を|25歳男性のケース

 25歳男性のケース
 不動産
 不動産
 リクナビNEXT

私は学生時代に台湾に中国語研修のために1年半程度留学をしていました。台湾で1年半生活をしているうちに私は台湾の国と人が大好きになり、台湾で就職をしたいと思うようになりました。

 そこで私は大学を卒業後台湾に支社のある会社に就職をしました。会社で何年か働いて実績を残すことが出来れば、台湾支社に配属になることができると思ったからです。

 ですが実際働いてみると勤務形態もあまりよくないし、台湾の支社勤務になることは数年ではとても難しいということがわかったので、自分で台湾の会社を探して転職することを決意しました。



text3
 台湾に行って就職活動をおこなう前に日本で書類選考等だけは済ませておきました。そして面接まで進むことが出来た会社の日程を出来るだけあわせておき、向こうでの就職活動期間を1ヶ月いう期間に絞りました。

 あまり台湾に滞在するお金も無かったので1ヶ月間だけマンスリーマンションを台湾で借りました。そしてその1ヶ月間は全力で就職活動を行いました。



text8
 現在の会社を決めたきっかけはやはり社長の人柄でした。面接の時にお会いした社長の雰囲気と会社全体の雰囲気がとても良かったため最終的には就職を決めました。

 また私が就職した会社は日系企業で、本社は日本にあったためその点でとても安心できる会社だと思いました。このほかでとても魅力的だったのはインセンティブ制度でした。

 基本給はそんなに高いほうではありませんがインセンティブの制度がとても整っていてしっかりとインセンティブをもらえる制度になっていたので、とても自分のモチベーションのアップに繋がるだろうと思いました。

2013/10/17 | 転職体験談

関連記事

PAGE TOP ↑