*

20代は転職しやすいとは言い切れない

20代は転職しやすいとは言い切れない

 20代は転職しやすい年代だと認識されていますが、何度も何度も転職して良いとされているわけではないので注意が必要です。では、どの程度の回数であれば転職がしやすいのでしょうか?

2回以上の転職は相当困難

 DODA転職支援サービスに登録している22~29歳の転職成功率結果が掲載されている記事を見てみると、20代での転職は2回以降、急激に厳しい状態になっていることがわかります。

 転職0回を100とすると、1回が95.7、2回が46.6、3回が14.1、4回以上となると4.5まで数値が下がってしまいます。ですので、若いうちの転職は一回目で必ず自分の適性がある業界なり職種なりを選ばなければ、次の転職が大変に厳しくなることを肝に銘じなければなりません。

 もちろん、業界によって転職が多いということもありますので、一概にとは言えませんが相対的に俯瞰してみると、2回目以降の転職は避けておかなければなりません。転職回数があまり不利とならない職種としては技術系(メディカル、科学、食品、IT、通信)などが挙げられます。

一回目で決める

 上記の結果から分かることは20代の転職は年齢が若いだけにしやすいのですが、転職活動それ自体には綱渡りをするような慎重さが求められるということです。勢いに任せての転職だけは絶対にしないようにしましょう。二回目の転職は大変に厳しい状態になることが分かっていますので、一回目で絶対に腰を据える気持ちで転職活動をしてください。

2013/08/13 | コラム

関連記事

PAGE TOP ↑