*

建設業経理士…建設業の転職に有利な資格について


「建設業経理士」という資格を知っていますか?

 会社の経理部で仕事がしたいと考えている前途有望な20代の方は、是非この資格を取って転職力をさらにアップさせてはどうでしょうか?

建設業でしか役に立たない?

 この資格は頭に”建設業”とついていることから、一般の企業では使い物にならないのではないか、と思っている方も少なくないでしょう。確かに一般の企業と比べて一回の取引額が膨大であることや労災保険料の計算においては独特です。また、下請けから孫請、一つのプロジェクトに関係する企業や携わる人の多さといったら、他に類をみません。このため経理業務も独特な処理方法が要求されるわけです。こういった背景が建設業経理士という資格制度を誕生させたのです。

 とはいっても、建設業に独特な経理処理ばかりでは、異業界との取引がうまくいかないことになります。例えばビル一棟建設するにも、電気や水回り系の業者やインターネット会社、通信会社、ビル管理業者等など様々な業界間に取引が発生するわけですから。従ってこのような一般企業の経理処理も理解していなければならないわけです。

建設業経理士の試験内容

 建設業経理士はそれを可能にする知識と実務を試す試験となっています。

 

試験には1級から4級まで

ありますから

 自分のレベルにあったレベルから確実なステップアップを図るか、即戦力を期して二級に挑戦するかはあなた次第です。

 まだまだ市場では保有者が少ないだけに、20代の転職に望む前に、この資格を取って弾みをつけるのも手です。特に建設業への転職を目指すなら、取っておいて損はない資格です。

2013/07/15 | おすすめ資格

関連記事

PAGE TOP ↑