*

コツを覚えて、いち早く職場に溶け込んでしまいましょう

素直さが一番

 転職した先で、いち早く職場に溶け込むためには、ちょっとしたコツがあります。意識の持ち方とも言いましょうか、そうした部分を知っていれば、すぐに他の人にも信用してもらえるようになるでしょう。素直でいること、これも入社後は常に持っておきたい意識。

 失敗をしたら謝らなければいけませんし、言い訳をしないことも大事。ましてや人のせいにするなんてことは絶対にダメ。嬉しいと思った時も、その感情を表に出しましょう。恥ずかしいという思いもあるかもしれませんが、他の社員の人たちとの仲を深め、自分を信用してもらいたいのであれば、プラスの感情はどんどんと表に出していく素直さが求められます。

 指示をされたりアドバイスをもらったら素直に聞く、これも意識しておきたいところです。

電話対応は積極的に

 電話対応が苦手な人って多いと思います。20代では特にそうした人がまだまだいるのかもしれません。また、転職先でいきなり電話に出るのは気が引けるもの。それでも電話がかかってきたら積極的に出るようにしてください。

 電話対応をする時には、仕事の手を一旦休めなければいけませんから、苦手ではなくても多くの人が嫌がるものなのです。それを積極的に引き受ければ、あなたの株はあっという間に上がること間違いなし。

 誰かに任せることなく自分で行う、これは職場に溶け込むために必要な心がけなのですが、電話対応はその最たるものであると思っておくべきでしょう。

求められるのは観察する意識

 仕事を早く覚えられる人は、職場に溶け込みやすい。キャラクターに合った接し方ができる人は、これも職場に溶け込みやすい。会社やコミュニティのルールを守れる人、これも溶け込みやすく馴染みやすいと言えるでしょう。

 これらを自分に備えさせるためには、観察が欠かせません。入社後は常に観察をし、どう仕事をこなしていくべきなのか、一緒に働く人はどのようなキャラクターを持っているのか、その会社や社員同士にはどのようなルールがあるのかを早めに掴み取るようにしてみましょう。

 そうすれば立ち回り方が把握でき、職場に溶け込むためのハードルも随分と低く感じるようになるはずです。

<関連記事>

  • 入社した際の挨拶はどうするか
  • 入社の際にはどのように自己紹介をするか
  • 20代で途中入社した際には


  • 前の記事 :
    次の記事 :

    関連記事

    PAGE TOP ↑