*

20代の転職に失敗したと感じたときの対処法

原因を見極め、解決するために話し合う

 20代で転職活動を行う時点で、自分のキャリアビジョンを再構築して目的を設定し、適職やワークスタイルを考慮したうえで、企業選択をするのがセオリーです。
 ですが、社会人経験が長いわけではない20代が転職活動を行う場合、自分の適職や働き心地をどう考えるかという認識に乏しく、入社後にミスマッチに気づくひとも、少なくないのが現状です。
 もし、20代で転職したあなたが、失敗したと感じているなら、その理由を見極めることが重要です。
 仕事内容や職場の雰囲気、待遇など、勤務先に対する不満が原因なら、退職がそれを解消する方法ではなく、自分の意識改革や会社との話し合いをまず行うことが先決です。
 求人票や面接での説明と仕事内容や待遇が大きく異なるときなども、まずは働き続けることを前提に会社側と話し合うという手順を踏み、それでも改善されなかったときに、転職活動を始めるかどうかを決断しましょう。

再度転職活動をするときの心得

 20代は転職市場では人気が高い年代で、応募可能な求人はたくさんあるものですが、転職して間もなく退職をしたあなたは、それまでのように書類選考を通過できないという現実と向き合うことになります。
 中途採用する企業は、採用に時間もお金も費やしていますから、費用対効果が見込めない短期での転職希望者を、わざわざ採用しようとは思わないからです。
 その壁を突破したいなら、企業側が納得できる転職の理由と、退職を決断するまでにどんなプロセスを経たかを、履歴書や職務経歴書で伝えることが重要です。
 自分の認識の甘さを自覚したうえで、今回の転職活動では何を意識し、応募企業を選んだのかという意欲の強さも、同時にアピールしましょう。

2015/08/19 | コラム

関連記事

PAGE TOP ↑