*

20代転職5つの流れ

 転職というものを簡単に考えていませんか?そうした人は必ずと言っていいほど失敗します。

 仮に転職できたとしても、その転職先がイマイチである、そんな結果が待っているでしょう。それを避けるために必要なのがこれから説明する転職活動の各ステップです。
 

まずは市場価値を知る

 転職活動に失敗しないための下地作り、これが転職準備です。転職業界は今どうなっているのかを知ること、と同時に自分の市場価値も知っておかなければなりません。

 これを知らないままに求人を探し応募しても見当違いな転職活動となり、失敗へまっしぐらなのです。
 
<関連記事>

  • 20代だからこそ転職での目的を定めよう
  • 転職活動をするタイミングとは
  • 20代が転職にかける期間は

  • 求人情報の妥協のし過ぎはNG

     転職業界や自分の市場価値を知ったらいよいよ求人情報の収集開始です。最初は少し背伸びをすることも必要。

     あまりにも高望みをすると時間の無駄となってしまいますが、まだまだ若い自分の可能性を試す上でも、妥協のし過ぎから入るのは避けましょう。
     
    <関連記事>

  • 求人媒体の使い方は
  • 転職エージェントを利用するのなら
  • 20代でスカウト機能はどうなのか

  • 応募書類を見直す

     20代の転職希望者が最も苦手とするのが、履歴書・職務経歴書の整理ではないでしょうか。

     何を書けばいいのか検討もつかず、まとまりのない書類になってしまい面接まで届かないケースは少なくありません。

     正しい書き方、有効な書き方、自分らしい書き方を押さえておきましょう。
     
    <関連記事>

  • 履歴書はどこが見られるのか
  • 職務経歴書はどこが見られるのか
  • 応募書類を送る時の注意点は

  • 面接を乗り切る

     就職活動で既に経験している面接。でもその通りにやっても転職には通用しないことが多いようです。

     社会人として経験したことを発揮しなければならず、企業側もそれを見抜くような面接を繰り広げるからです。自覚と自信、それに謙虚さと勢い、20代にはこれら全てが求められるでしょう。
     
    <関連記事>

  • 20代でする面接での自己紹介は
  • 志望動機を話すのなら
  • 20代だからこそ身なりに気をつけよう

  • スムーズな退職と入社準備

     退職に失敗するとスムーズに転職活動を終えることができません。もしかしたらここが一番の難関かもしれませんね。

     新たに入社する企業とも相談をした上で入社日を決定し、それに向かってスムーズにいくよう退社日などを調整するようにしましょう。
     
    <関連記事>

  • 入社した際の挨拶はどうするか
  • 入社の際にはどのように自己紹介をするか
  • 20代で途中入社した際には
  • コツを覚えて、いち早く職場に溶け込んでしまいましょう


  • PAGE TOP ↑